anchient dzi beadsdzi beads antique-caess.com

ジービーズ(天珠)とは?
チベット・ヒマラヤ地域が発祥とされる古代のジービーズ(天珠)は、約千年もの間、生きている宝石としてビーズを大切に扱ってきました。
dZi(ジー)は、チベットの言葉であり”素晴らしさ”を意味し、天国のビーズや天珠と呼ばれています。
日本では、「チベット天珠」または「西蔵天珠」と呼ばれており、紐に通して身に着けています。
ジービーズは、礼拝のために大切に維持され、代々家宝として何世紀も受け継がれてきました。
古代のジービーズは、不幸を防ぎ祝福をもたらすことが出来、また宇宙から宇宙エネルギーを吸収することが出来ると信じられ、天珠として世界中で絶大な人気を誇っています。保護や崇拝、健康だけでなく、富のシンボルに神聖な魅力を感じ、天珠コレクターが増え続けています。

チベット仏教 絵画イラスト

天珠の歴史と伝説。
天珠(ジービーズ)の歴史は、位の高い僧侶が仏像とともに装飾用としてジービーズを奉納したのが始まりとされています。 チベット仏教の僧侶・高僧は、保護と幸運の証、位の高さから身に着けたとされており、奉納されたジービーズは、神聖な古代の仏像を飾る装飾品として大切にしようされてきました。
伝説では、実際に地球にジービーズが降りてきて、チベット人によって発見された「神の宝」と言われ「天国の石」と言い伝えられているそうです。 本来は、チベット仏教の僧侶が身に着けるアクセサリーでしたが、1994年に発生した中華航空140便墜落事故の生存者が天珠を身に着けていたことからブームとなり、台湾、中国、タイ、マレーシア、シンガポールなどアジア地域で人気となり、コレクターに求められるようになりました。


チベット仏教 絵画イラスト
削って薬として使った形跡のある
Two Stripe Chung Dzi Beads

天珠は強力な磁気エネルギーを持ち、薬としても使われていました。
ジービーズは、自然の宇宙の磁気エネルギーを持っており、科学的研究によると、火星から14の要素を含んでいることを発見しました。
ジービーズによって放出された磁気エネルギーは非常に穏やかで、体のあらゆる人間の一部と接触して配置することに適しています。 体内の血液と”気”の循環を調整し、体の陰陽と五行のバランスを取り、病気を減らすことができると言われています。
また、ジーを粉砕したり削ったりして、病気の治療に使用され癒されると信じられています。


天珠は強力な磁気エネルギーを持ち、薬としても使われていました。

老天珠 ancient dzibeads
Ancient DZI Beads
2500years-2000years old+more

 近年は、ジービーズの持つ不思議なパワーに魅了されたコレクターが急増しているため入手困難な状況で、保存状態の良い骨董ものは目にすることが少なくなっています。ハリウッドスターや日本のタレントなどはもちろん、広く世界中にコレクターがいるため希少且つ高価で取引されています。制作された年代や品質・保存状態により様々ですが 2000年〜2500年前に作られた天珠(ジービーズ)のことを、 老天珠(Ancient DZI Beads)と言われ非常に貴重なため、コレクター内では数十万円から数千万円で取引されており、市場で入手するには非常に困難な状況です。 最近では、当時と同じ製法で作られたジービーズや、練り物などで作られた安価なレプリカが、天珠として広く一般に流通しています。


若者にも人気のファッショナブルなさまざまな模様
ジービーズいろいろ

天然瑪瑙(メノウ)という石に、特殊な染料を浸透させ、高温で焼きつけされた紋様は、様々な種類があり、 主にチベット仏教の宗教的図案を施してあります。
ジービーズに描かれた紋様は、円、楕円、ストライプ、波、線、長方形、ジグザグなどの様々な自然の象徴的なパターンを 組み合わせたものがほとんどで、円の形を眼と表現しており、丸い眼が1つなら「一眼天珠」2つなら「2眼天珠」と呼ばれています。 色は茶色から黒までのビーズにアイボリーホワイトのパターンが並ぶことが多く、自分のエネルギーをパワーアップする宝石と言われています。
また、古いジービーズは骨董品となっていますが、 このジービーズのパターンがファッショナブルで、若者の理想的な流行のアクセサリーとして人気が出てきました。

天珠の基礎知識